江坂駅直結
徒歩1分

完全予約制
(※急患随時受付)

06-6386-3888

歯周病治療
perio

はじめての方へ
Q&A

歯周病とは?

歯周病とは?

歯周病とは?

歯周病は、歯垢(プラーク)の中に含まれる細菌が引き起こす感染症です。はじめは歯肉が炎症を起こして腫れる歯肉炎になり、そのまま放置しておくと、歯を支える骨(歯槽骨)がやがて溶けてしまう歯周炎へと悪化します。歯肉炎と歯周炎を総称して歯周病といいます。
現在、日本の成人の80%以上の方が歯周病の何らかの症状があるといわれています。
歯周病は、その進行程度により一人ひとり異なるので、その方にあった治療方針を立てていきます。

歯周病の原因

お口の中には、およそ400種類の細菌が住んでいます(口腔常在菌)。これらの細菌はとくに悪い影響を与えることはありませんが、ブラッシングが十分でなかったり、砂糖を過剰に摂取したりすると、細菌がネバネバした物質を作り出して歯の表面に付着します。これを歯垢=プラークといいます。
プラーク1mgの中には約10億個の細菌が存在するといわれ、虫歯や歯周病を引き起こします。その中で歯周病を引き起こすとされる細菌は10種類以上あります。
プラークは粘着性が高く、うがい程度では落ちません。このプラーク中の細菌が毒素を出し、歯肉に炎症を引き起こします。

歯周病の進行

プラークが付着したままさらに放置すると、約1週間で硬くなり(石灰化とよばれます)歯石という物質に変化し、歯面や歯の根の部分に強固に付着します。その表面は軽石のようにザラザラと凹凸があるために、その内部や周囲にはさらに細菌が入り込み、毒素を出し続けます。こうなると、もはやブラッシングでも落とせません。

歯周病は、虫歯のように痛みが出るなどはっきりとした症状がありません。そのため、かなり進行しないと自覚症状として出てこない疾患です。
細菌は毒素を出し続けて、その影響により歯槽骨を溶かしていき、やがて周囲の骨の支えを失った歯は抜けてしまいます。
また、歯を支えている骨(歯槽骨)や、歯と歯槽骨をつなぐ繊維(歯根膜)などは、一度破壊されてしまうともとには戻りません。

歯肉と骨の状態

健康な状態|歯肉炎
健康な状態|歯肉炎 歯肉にのみ炎症が起きた場合で、歯槽骨には影響がない状態です。歯と歯肉の間の溝(歯肉溝)にプラークが溜まり、歯肉が腫れて出血しやすくなります。
軽度歯周炎
軽度歯周炎 歯肉の炎症によって歯肉溝が深くなり、歯周ポケットが形成されます。プラークにより細菌が歯周ポケット内で毒素を出し続けて、その影響で歯槽骨が溶け始め、歯肉も下がり始めます。歯周ポケット内にプラークや歯石がこびりつき、ブラッシングでは簡単に取りきれない状態に進行していきます。
中等度歯周炎
中等度歯周炎 歯槽骨が破壊され続け、歯周ポケットがさらに深くなります。歯が動いたり、浮いたりするような違和感が生じ、さらに歯肉が痛み、膿が出ることがあります。歯肉が下がることで歯が長く見え、歯と歯の隙間が広がっていきます。また、口臭が気になることがあります。
重度歯周病
重度歯周病 歯槽骨が深く広範囲に溶けていき、さらに歯周ポケットが深くなります。歯が大きく動き、グラグラとしてきます。周囲の骨の支えを失った歯は、前後左右に加えて上下にも揺れるため、痛くてものが噛めなくなることもあります。最後には歯が抜けてしまいます。

歯周病のチェック項目

  • 朝起きた時とき、口の中がネバネバする
  • ブラッシングのときに出血する
  • 口臭が気になる
  • 歯肉がむずがゆい、痛い
  • 歯肉が赤く腫れている(健康的な歯肉は薄いピンク色で引き締まっている)
  • 硬いものがかみにくい
  • 歯が長くなったような気がする
  • 前歯が出てきたり、歯と歯の間に隙間ができた

このような症状がひとつでも該当する方は、程度の差はあれ歯周病の可能性があります。
歯科医院で検査を受けましょう。

早期発見・早期治療

歯肉炎のうちに症状に気づけば、ブラッシングの徹底や歯石除去のみによる短い期間での治療で済み、健康な状態に戻せます。しかし、歯周炎に悪化した場合、いったん破壊されてしまった組織はもとに戻せません。できるだけ早期に治療を行ない、これ以上状態が進行しないように食い止めること=早期発見・早期治療が大切です。歯周病のチェック項目に日頃から気を配り、歯周病の可能性を疑ったら歯科医院にご相談ください。

歯周病と全身疾患

歯周病と全身疾患

私たちのお口の中には、400種類を超える細菌が存在しています。歯周病の原因になっている細菌、これらは口の中の病気だけを引き起こすものと考えられてきました。
歯周病菌は、炎症を引き起こす物質を生み出します。そしてこれらの物質、また一部の細菌は血管の中に入って体内をめぐり、全身の各器官に広がります。
最近ではこれらの物質や器官に直接到達した一部の細菌が、体の病気に悪影響を与える可能性があるということがわかってきました。

このような病気に関わりがあるといわれています

歯周病の治療をせずに過ごしていると、その間ずっと全身の健康を損なうリスクを体の中に温存し続けることになります。
これらの病気から体を守るためにも、プラークや歯石を取り除き、健康な状態を維持すること=プラークコントロールが大切になります。

糖尿病
糖尿病 歯周病と糖尿病は、とくに相互に発症や進行に関わりがあるといわれています。歯周病菌が増えると、それに伴って病原菌の成分が血液中に流れ込みます。流れ込んだ成分は、生体の細胞を刺激していろいろな活性物質を作り出します。このことが全身にいろいろな効果を及ぼしています。
その活性物質のうちのひとつ、TNFαという物質は糖尿病にも関わっていると考えられています。
血液中の糖の濃度(血糖値)をコントロールするホルモンをインシュリンといいますが、血管中の歯周病菌の成分TNFαが血糖値をコントロールするインシュリンの働きを弱め、血糖値を下げる反応を阻害していることがわかってきました。糖尿病になると、体の免疫力を低下させるため、歯周病菌への抵抗力も低下させています。
細胞がインシュリンに対して反応しづらくなっているタイプの糖尿病では、歯周病の治療により歯周炎がおさまると、血中のTNFαが減少し、血糖値が安定しやすくなることが示されています。
肺炎
肺炎 歯周病菌が存在すると、歯肉から血や膿が出て、お口の中でさまざまな細菌が繁殖しやすい環境になっていきます。
歯周病菌を含んだ唾液が気づかないうちに気道を通って気管支や肺に入り、細菌が繁殖して肺炎を引き起こす、ということがあります(誤嚥性肺炎)。
年齢に伴い嚥下反射や、気管支を守る働きが低下するため、高齢の方はとくに肺炎にかかる危険性が高くなります。
お口の中の細菌をできるだけ減少させるための口腔ケアが必要です。
心臓血管疾患
心臓血管疾患 これまで、動脈硬化や冠動脈の疾患は喫煙・糖尿病・高脂血症などから引き起こされると考えられていました。
実際にこれらの疾患が原因または症状を促進させていますが、これらの危険因子とは無関係な人でも発症することから、何らかの別の因子の存在が予想されてきました。そのひとつとして、歯周病との関連が示唆されています。
歯周病菌の一種が血液中に入り込んで動脈壁に付着し、その作用で血小板が固まって小さな塊を作ったあと、それがはがれて血流中に入り、心冠動脈に詰まってしまうことが考えられています。
高齢の方や、お身体の不自由な方のように、感染症に対する抵抗力が落ちている方はとくに注意が必要になります。
細菌性心内膜炎
細菌性心内膜炎 歯周ポケット内で増殖した細菌は、歯肉から血液中に入り全身に広がることがありますが、ほとんどの場合は体の防御システムにより排除されてしまいます。
しかし、心臓の弁に障害のある方、また人工弁を入れている方は、弁の周りの血液の流れがスムーズではなく、滞っている場合があります。
この部分に体の防御システムから逃れてきた細菌が侵入し、心臓の内膜に住みついて増殖してしまいます。この菌によって心内膜が炎症を起こし、心内膜炎を引き起こすのです。
こうした心内膜炎を引き起こすとされている菌が、プラーク中にいる細菌であると報告されています。重度歯周病の方の歯周ポケットには、悪性度の強い歯周病菌が多く存在しているので、徹底したプラークコントロール(ブラッシング、舌の汚れをしっかり落とす)などを意識して行なうことが重要になってきます。

歯周病と喫煙

歯周病と喫煙

基本的に歯周病は細菌による感染症です。しかしながら、その発症と進行には多くのリスクファクターが関与しています。なかでも、喫煙は歯周病のもっとも重大な因子のひとつです。
タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があり、歯肉が炎症を起こしても出血しにくい状態になっています。そのため、気づかないうちに進行してしまうことが多いのです。また、白血球や歯肉を作る細胞などの機能を低下させてしまうため、歯周病の治療を行なってもなかなか回復しないのです。

喫煙による健康被害

喫煙量が1日10本以上になると歯周病になる危険率が約5.7倍に跳ね上がると報告されています。これは、タバコの煙に含まれるヤニ(タール)が虫歯菌を吸着するためです。また、タバコに含まれるニコチンが、歯周病を予防する働きがある唾液の分泌量を落としてしまうことも原因のひとつとされています。これによって口の中が渇くため、口臭の悪化にもつながります。
そのほかにも、タバコはさまざまな健康被害をもたらします。ヤニは歯肉や歯に付着して黄色っぽくし、進行すると黒ずんでしまいます。ヤニは粘着性が高いので、簡単に汚れを落とすことはできません。
さらに、タバコを吸い続けることで口腔、咽頭がんの発生率が上がるともいわれ、喫煙によるリスクは広範囲にあるといえます。

基本の治療

基本の治療

歯周病の原因になっているプラークと歯石の除去を行ないます。歯石はブラッシングで取り除くことができませんので、特殊な器具で除去します。治療の回数は歯周病の進行程度により異なります。2、3回の治療で済む場合から、多くの回数にわたる場合もあります。
これらの治療により、歯周組織が改善され、歯周ポケットの深さ(2~3mm)が維持されれば、メンテナンスに移行します。また、その状況に合った効果的なブラッシング法を指導させていただきます。

歯周外科治療

歯周外科治療

基本の治療終了後、部分的に歯周ポケットの深さが改善されずに残ってしまった場合、ブラッシングでプラークを完全に除去できなくなり、歯周病が改善しなかったり進行が見られたりすることがあります。
そのような場合、歯周外科治療を行なうケースがあります。歯肉の状態や骨の欠損量により異なりますが、中等度から重度の歯周病の方に適しています。

フラップ手術

外側からの歯石除去では届き切らない部分の歯石を、歯肉を切開して徹底的に取り除く治療です。フラップ手術は、歯肉を切開することでプラークや歯石を目で確認できる点が大きなメリットといえます。とくに歯周病が骨にまで進行している場合、目視による外科的な手術によって確実に歯石を除去できます。

切除療法

外科的に歯周ポケットを浅くし、プラークが溜まりにくいようにする手術です。歯肉を切開したあと歯槽骨の形態を整え、歯肉の形態も整えて縫合します。
切除療法によって歯周ポケットの再発が起こりにくく、安定した予後が期待できる点がメリットです。一方、歯周ポケットを浅くすることで歯が長く見えるため、審美面で気になる方はご不安をお伝えください。

再生医療

再生医療

再生医療とは、傷害を受けた生体機能をさまざまな組織に分化することのできる幹細胞を用い、復元させる医療の総称です。
歯科領域でも、特殊な材料を用いて部分的に失われた骨を再生させる治療を行なう場合があります(自費診療)。手術はそれぞれの病状にあった方法が適応されます。

歯周病治療 Q&A

歯周病治療についてよくある質問をご紹介しています。歯周病治療に関して質問や悩み、ご相談のある方はまずはこちらをご覧ください。

  • 月別アーカイブ
  • カテゴリー
診療案内
  • 月別アーカイブ
  • カテゴリー
診療案内