江坂駅直結
徒歩1分

完全予約制
(※急患随時受付)

06-6386-3888

義歯(入れ歯)
denture

はじめての方へ
Q&A

義歯(入れ歯)とは

義歯(入れ歯)とは

欠損してしまった歯の代わりをとなる人工の歯のことです。この人工歯に歯肉のようなピンク色の土台がついたものを床(しょう)と呼びます。
人工歯と床、それぞれを複数の素材から選んで製作することができます。健康保険適用のものと自費のものがあるので、費用面と患者さまのご希望をすり合わせながらお選びいただくことになります。

義歯(入れ歯)の種類

総入れ歯

総入れ歯

義歯には総入れ歯(全部床義歯)と部分入れ歯(部分床義歯)があります。総入れ歯は、残っている歯がまったくない場合に使用するもので、歯肉のようなピンク色をした床のうえに人工歯を並べています。この床がお口の粘膜と密着すると、患者さまにとって違和感なくお使いいただけるのですが、そのためには丁寧に型取りする技術が歯科医師に求められます。

部分入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯は、欠損した歯の粘膜に人工歯のついた床を乗せ、残っている隣の天然歯に留め金(クラスプ)を掛けて安定させるものです。抜けた歯が1本の場合から、逆に歯が1本しか残っていない場合まで、部分入れ歯で対応することができます。健康保険を適用した場合、このクラスプが金属のものとなり、ほかの人から見て目立ってしまうのが難点です。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯を安定させるために必須の留め金(クラスプ)ですが、健康保険を適用した場合はこのクラスプが金属製となるために口を開いたときに目立ち、さらにクラスプのかかった歯にも負担がかかってしまいます。
見た目や残った天然歯への不安をお持ちの方には、クラスプを使用しないノンクラスプデンチャーという部分入れ歯をおすすめします。その名のとおりクラスプを使用しない部分入れ歯で、床の範囲を広げて歯肉を覆うことで安定させています。これによってほかの人に入れ歯の存在を気づかれにくくなり、残存歯への負担を減らすこともできます。

金属床義歯

金属床義歯

健康保険を適用してつくられる入れ歯の床は、レジン(プラスチック)と呼ばれる素材でできています。レジンは厚みがあるため食べものの熱が感覚として伝わりづらく、さらに装着した際に違和感を覚えることがあります。
こうしたレジンのデメリットを解消するのが、金属床義歯です。レジンよりも薄いため食べものの温度を感じることができ、美味しくご飯を食べることができます。また、装着時の違和感もほとんどなく、舌が動くときに床に邪魔されることがありませんので、発音もなめらかになります。

義歯(入れ歯)Q&A

義歯(入れ歯)についてよくある質問をご紹介しています。義歯(入れ歯)に関して質問や悩み、ご相談のある方はまずはこちらをご覧ください。

  • 月別アーカイブ
  • カテゴリー
診療案内
  • 月別アーカイブ
  • カテゴリー
診療案内