江坂駅直結
徒歩1分

完全予約制
(※急患随時受付)

06-6386-3888

審美歯科治療
esthetics-dental

はじめての方へ
Q&A

笑顔に自信が持てますか?

笑顔に自信が持てますか?

着色汚れ、すきっ歯、銀歯が目立つ…。だから人前で大きく口をあけて笑えない…。歯を気にして笑顔でいられなくなると、ますます表情が硬くなり、相手とのコミュニケーションがぎこちなくなってしまいます。
歯が見えるほどの笑顔は、相手からすると、明るい人に見える、親近感がわく、魅力的に見える、というように、好印象をもたらす大きなパワーを秘めています。笑顔は、さまざまな方との距離を縮め、人生を豊かにします。
当院では、患者さまの歯のお悩みに寄り添い、しっかりサポートします。誰にも負けない素敵な笑顔になりましょう!

歯の黄ばみ・着色汚れが気になる方は?

歯の黄ばみ・着色汚れが気になる方は?

歯の着色はさまざまな原因で起こります。タバコのヤニ、それにお茶・コーヒーなどの飲食物の色素は、ブラッシングでは簡単に落とすことができません。
また、加齢によっても真っ白だった歯がどんどん変色してしまいます。
歯の黄ばみや着色汚れが気になる方は、歯の漂白(ブリーチ/ホワイトニング)を試してみてはいかがでしょうか?

ブリーチ/ホワイトニング

ブリーチは、歯の根が黒く変色した際、もとの色に戻すために行ないます。この治療は、神経の治療を行なった歯に適応する処置となります。
歯を白くするホワイトニングには、歯科医院のみで行なう、短時間で歯を白くすることができるオフィスホワイトニングと、患者さまのご家庭でマウスガードを使い行なうホームホワイトニングに分けられます。

症例1 漂白(ブリーチ/ホワイトニング)

症例1 漂白(ブリーチ/ホワイトニング)

金属の詰め物(銀歯など)が気になる方は?

銀歯などの金属の詰めものは、ほかの方から見ると目立ってしまい、審美的に考えて決して美しいとはいえません。人の目が気になると、笑顔をつくることも難しくなるかもしれません。
審美面を気にされている患者さまに有効なのは、セラミックです。天然歯と同じような白さに合わせることができます。そのため違和感がなく、人の目を気にせず生活することができます。

セラミック治療

セラミック治療

黄ばんだり、銀歯が詰められたりした歯を、自然で美しい歯にする、それがセラミック治療です。
セラミックはその天然歯のような白さが大きな特徴ですが、治療に際しては、金属アレルギーの心配がないということもメリットのひとつです。
また、セラミックは陶器でできているために歯との密着性が高く、虫歯になりにくくなっています。陶器は劣化しづらい素材でもあるので、寿命も長いといわれています。

症例2 ジルコニアセラミックを用いた単冠修復

症例2 ジルコニアセラミックを用いた単冠修復

症例3 ジルコニアセラミックを用いた審美修復1

症例3 ジルコニアセラミックを用いた審美修復1

症例4 ジルコニアセラミックを用いた審美修復2

症例4 ジルコニアセラミックを用いた審美修復2

前歯が欠けているなど、前歯が気になる方は?

前歯は歯の中でもとくに目立つ箇所。さらに、2本の前歯はすき間が開きやすく、審美障害が多いともいわれます。また、「事故によって前歯が欠けてしまった」という場合も、どうしてもほかの方の目が気になってしまうでしょう。
ラミネートベニアは、とくに前歯の審美面の回復に適した治療です。前歯だけが気になる、といったお悩みをおもちの方は、一度当院へご相談ください。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

歯の表面を薄く削り、そこに付け爪のような薄い人工の歯を貼り付けるという治療です。歯を削る量は少ないので、治療中の痛みも少なく、短時間で終わります。
ラミネートベニアは、ホワイトニングでは白くできない強い変色部分も、白くすることができます。また、セラミックを貼り付けるため、変色の心配もありません。天然歯のような自然な仕上がりを実感することができます。

症例5 ラミネートベニア修復

症例5 ラミネートベニア修復

審美歯科 Q&A

審美歯科についてよくある質問をご紹介しています。審美歯科に関して質問や悩み、ご相談のある方はまずはこちらをご覧ください。

ホワイトニングについて

ホワイトニングについて

歯磨き粉などのコマーシャルで「真っ白な歯に!」といったキャッチフレーズをよく見かけるかと思います。
自然な歯の色は透明感のある白さであり、それを維持することは歯の美しさにとって最高のステータスとなります。
言い方を変えると、自然な白さから遠のくほど歯の美しさは損なわれてしまいます。
そのことが健康被害をもたらすわけではありませんが、白くない歯を見られることに対してコンプレックスを抱く方は少なくありません。
とくに仕事柄、他人に顔を見せる機会の多い方ほど、歯を見せることに抵抗を感じてしまい、最悪の場合はそれが仕事に悪影響をおよぼす可能性も否定できません。
一度白さを失ってしまった歯は、ご家庭でのデンタルケアで簡単に取り戻すことはできません。
そこで、歯科医院で提供している治療法が「ホワイトニング」です。
ホワイトニングは、専用の薬剤を用いることで歯に着色した色素を分解し、自然な白い歯を取り戻すことができます。

歯が着色する原因

歯が着色する原因

歯が着色する原因は、主に「外的要因」と「内的要因」に分かれます。
外的要因としては、食べものの色素やタバコの煙によるものです。
食べものが原因である場合、カレーの色素や紅茶などに含まれているステインによるものが考えられ、こうした食べ物や飲み物を好んでいる方ほどリスクが高くなります。
外的要因が原因である場合、白さを失った歯の健康は損なわれていません。
一方、歯が白くなくなっている原因が内側、すなわち歯そのものにある場合の要因は、まず「年齢」が挙げられます。
年齢を重ねることで、皮膚が黄ばんでくるのと同様の変化が歯にも起こるのです。
年齢以外の原因としては、歯の神経が死んでいる、虫歯を患っている、抗生物質の副作用などが挙げられます。
さまざまな原因で歯の着色が起こり、美しい歯の白さがどんどん損なわれてしまうのです。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

ホワイトニングには大きく分けて「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」に分類することができます。
まず、オフィスホワイトニングは、ホワイトニングの施術を歯科医院ですべて行ないます。
専用の薬剤を塗布し、特殊な光を歯に照射することで色素を分解します。

オフィスホワイトニングの最大のメリットは「即効性」です。
歯が白くなる実感が、施術からすぐに体感できます。
例えば「1ヵ月後に開かれる結婚式に招待された」「役員が出席する会議でプレゼンを行なうことになった」といったように、急な出来事に向けて歯を確実に白くしたいという需要がある場合、即効性の高いオフィスホワイトニングが役に立ちます。
デメリットとしては、知覚過敏などの痛みが出る場合があることや、通院する必要があるため、ホームホワイトニングに比べ施術の回数が多くなることがあげられます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

オフィスホワイトニングと対になる存在として挙げられるのが「ホームホワイトニング」です。
歯科医院では歯の検査とクリーニングを行ない、専用のマウスピースを作成します。
患者さまはご自宅でマウスピースに専用の薬剤を流し込み、ご自分の歯に1日数時間ほど装着します。
これを継続することで、歯の白さを長持ちさせることができます。


ホームホワイトニングの最大のメリットは「歯の白さが長持ちすること」です。
ご自宅で薬剤を流し込んだマウスピースを装着するだけで、長期的な歯の白さを実現。定期的に通院し、メンテナンスと薬剤の追加を行なうだけで、いつまでも歯の白さを継続することができます。
デメリットとしては、オフィスホワイトニングに比べて効果が表れるまで時間がかかるため、突然のイベントに対しての対応には向いていません。
オフィスホワイトニングかホームホワイトニング、どちらを利用するかは「歯を白くしたい目的」に応じて使い分けることが必要です。

ホワイトニング Q&A

ホワイトニングについてよくある質問をご紹介しています。ホワイトニングに関して質問や悩み、ご相談のある方はまずはこちらをご覧ください。

  • 月別アーカイブ
  • カテゴリー
診療案内
  • 月別アーカイブ
  • カテゴリー
診療案内